\即日キャッシング.netおすすめ1位/

トップページ

「急な出費でお金がない!」
「今日中に借りれる?」
「家族にバレない?」

今すぐお金を借りたいけど審査が不安という方に、即日キャッシング.netがおすすめの借りれる即日キャッシングをご案内します。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日キャッシング.net

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

「家族にバレたくない」「会社にバレたくない」とお悩みの方へ。即日キャッシング.netが紹介するネットのWEB完結審査ならば誰にも見られずバレずに申し込みができます。郵送物無しにしたいならプロミスの他にモビットも評判です。申し込みたいなら即日キャッシング.netからどうぞ。

貸金業者登録一覧

即日キャッシング.netが調査した金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。 正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

即日キャッシング.netの借入コラム

社会人になると収入も増えますが、支出も増えるのが実情です。

奨学金や無担保のカードローンはもちろん、カードを使ったショッピングの分割払いも借入金に違いはありません。

お金を借りたら、元本に利息分をつけて返済しなければなりません。

月々の返済額を低くするために長期で返済する設定にすると利息分が膨らむため、負担を減らすには返済期間短縮がもっとも有効です。

いまは借入の金利も低いですが、預貯金の金利はさらに低いです。

貯金するより、ローンの繰上返済をしたほうが経済的だというのは、そういうことです。

このごろのキャッシングの審査といえば、以前に比べると緩くなってきたように思います。

これから借りようという人に昔のことを言ってもピンと来ないかもしれませんが、かつては借金というと大変で、必要書類も多く融資実行までに何週間もかかる場合もありました。

本当に、いまは違うと感じます。

保証人不要というのがもはや普通ですからね。

まとまった金額でもきわめて短時間で現金を入手できるのです(といっても借入ですが)。

乱用はできませんが、借りる立場としては、ストレスなく借りられる時代が来たことを強く感じます。

連休に友達と旅行へ行った時財布にいくら入っていたか確認すると小銭しか無い・・ということがありました。

しかし、必要とはいえ、休日にどこかで急にお金を借りるのは可能なのか?と心配になりながらもキャッシング情報を調べてみると休日でも何の問題もなく、現金の借入ができました。

それ以前、普段は平日しか利用したことがないので、休日でも借りれ可能だとは全く知識もなく、考え付かなかったので、借入が平日と同じように1日中可能なことが判明してすごく便利だなと感心しました。

本人とは異なる名義でカードローンの契約を結ぶことは禁じられています。

利用者本人が必ず自己名義で契約を行わなくてはなりません。

契約をするのが夫の所得で支払いを賄おうとしている専業主婦である場合であっても変わりなく、契約の際には妻本人を名義人としなくてはなりません。

本人が返済に責任を負うのは当然のことです。

仮に生計を一にする家族である場合にも、利用者とは違う人の名義を借りてきて契約するのは違法行為に当たります。

自分の名前を使うことを認めていたのなら、名義を貸した側も犯罪者となってしまいます。

自営業者がカードローンを使う際は、給与を得ている人とは異なって、一定の稼ぎがあるとは評価しにくいため、希望の額がいくらであっても、年間の収入を確認できる書類を提出することが必須となります。

これは税務署で収受印が押された所得証明書や確定申告書以外に、役所からの課税証明書や住民税の決定通知書等で、前の年の年収が記録された書類を求められるでしょう。

\即日キャッシング.netが選ぶ/
おすすめ1位のプロミス